スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | - | byスポンサードリンク
たとえばの話




 人生、上手くいかないことの方がとにかく多いと思うけど。
 誰かのせいにだけは絶対にしたくないと思うんだ。



 恋が上手くいかない。
 人間関係が上手くいかない。
 仕事が上手くいかない。
 家族と上手くいかない。



 誰にだって必ずある、上手くいかないことの一つや二つ。
 でも、絶対に言いたくない。
「●●がそういったから」
「●●がそうしたから」



 誰の人生だ?
 自分の人生だ。
 文句を言う前に、もう一度見直す。
 自分は本当にそうならないよう全力を尽くしたか。
 その態度に誠意が感じられるのか。
 本当にそれは誰かのせいなのか。



 最近よく聞く人の愚痴は。
 あくまで自分のせいじゃないこと前提だけど。


 本当にそうなのかな。


 愚痴を言ったり文句を言うのは簡単だけど。



 そうなる前に、もう一回立ち止まる。
 そこからが、ある意味本当のスタート。


続きを読む >>
孤独




 誰もがみんな、必ず。
 心に抱えている物じゃないかなって、最近よく思う。



 今は文明がすごく進んでいて、離れていても携帯電話ですぐに、メールやら電話やらが出来るようになって便利だけど。
 なんか人の中にある寂しさって、それと一緒に増加している気がしてならない。



 なんか孤独だなって、時々、携帯に触れてると思う。





 まぁ、それより今は。
 もっと別のことで寂しさを感じた。



 留年して、一足遅れたことに今はもう吹っ切れてるけど。
 それが糧になって、成長した自分をあたしは認めているけど。



 たまにどうしようもなく寂しくなるときがある。



 卒業して先へ進んでいった仲間達が、集まって仕事の話しているときとか。
 電話したら仕事の愚痴で、学生はいいよねって言われたときとか。
 親に、アンタが一番暇なんだからって言われたときとか。
 同級生の結束が固くて、躊躇ってしまうときとか。



 あぁ、どこにも行けないなって思うときがある。






 別にどこかに行きたい訳じゃない。
 別に群れたいわけじゃない。
 けど。
 どこか一人取り残された気がするときがあるんだ。
 誰にも言わないけど。



 そんなときは、空を見上げてみる。
 


 透き通った青い空でも、分厚い雲が覆った曇りの日でも。
 土砂降りの雨でも。
 星空でも何でもイイ。



 その時、見えた空は限りなく広くて。
 あぁ、みんな一緒じゃん、って思えるから。



 誰もが行き場がなくて彷徨ってるこんな世の中じゃ。
 通信手段ばっかり進んでいるこんな世の中じゃ。
 やっぱり孤独は増えていく一方だけど。



 それでも、みんな一緒だから。
 取りあえず、今見える道を、一人でもいいから前へ進もうかなって思う。



 そんな日。






 過去を嘆くのも。
 過去を崇めるのも。



 なんか結局同じな気がします。



 過去の辛いことは、今の自分にどう生かせるのか。
 過去の栄光は、今の自分をどうすれば越えられるか。



 そうやって考えて「今」を色づけていくのが大事なんじゃないかな?



 じゃなくちゃ、まだ白紙、または透明の未来にさえ。
 色が付かないと決めつけてしまっている気がしてならない。




 時間がかかっても。
 前を見据えて、進めばいいんじゃない?
 だってせっかく生きてるんだし。
 諦めるのはまだ早いよ。
 逃げるのはもったいないよ。
 だって、未来にはまだ色がないんだから。



 色づいてしまったモノを嘆いたり、崇めたりするより。
 まだ見えないその色を、決める事が出来る今を生きたらいいじゃない。



 今日、友達と会ってそんなコトを思いました。



ずっと友達




 かなり考えることがあって。
 あたしが一番信じている友達に、相談してみた。



 心が狭いとか、広いとか。
 そんなのどうやっても、受け入れられないもの、こと、人は絶対誰にだってあるし。
 それを別に、悪いことだとは言わない。
 かといってそんな自分を、心が狭いとも言わない。


 心が広くなりたいと願えば。
 そんなのそう思って、することじゃないといわれ。


 器用に生きたいと言えば、別に今のままでいいじゃんとも言ってくれる。




 器用に生きることで、曲がりくねってひねくれて。
 そんな自分を受け入れられないまま、他人を受け入れるより。
 傷ついても、ひたすら自分の信じた道を真っ直ぐに突き進めと。



 好きになれなくても、悪くないと思える。
 いらない後悔はしない。



 素直に生きろと言ってくれる、不器用なあたしの友達は。
 不器用だけど。
 でも。



 唯一優しいと思える、大きな友達です。



 大好き、ありがとう。



 こんな友達をもって幸せだと、本当に思う。





 過去形にしない。
 現在進行形で。
 あたしはあたしの信じた道をを生きるよ。
 


 不器用で、端から見たらかっこわるくて。
 傷だらけになっても。



願わくば





 貴方があたしの光であるように。
 貴方にとって私も。



 多くの光のほんのひとつでいいから。
 貴方に道を照らしてあげることが出来る存在でありますように。





 貴方の幸せが。
 何よりのあたしの幸せです。
盲目

 取りあえずテンプレかえました(笑)。



 それはさておき。



 今回は『盲目』ということについて。



 何かを好きになるって事は『盲目』であることも含まれるのかもしれませんね。
 先日とてつもなく、疑問を感じることがありました。
 それは、悪いところも『その人だから』と目を瞑ってしまうことです。



 それは受け入れるのとは違うと思うのですが。
 どうなんでしょうね?
 そのへんがイマイチあたしにはわかりません。


 どんなに好きでも悪いことは悪い、そう認めなきゃいけないですよね。
 それが「その人を受け入れる」ってことだと思うんですけど。
 その悪いところはダメだって言うのは大事だよなぁ………。


 ま、それを言えなかったあたしも、ダメですね。
 結局受け入れ態勢できてないんだから(爆)。



 と言うわけでもう少し大人になります。




 こういう事が続いて今、まともな文章が書けない状態です。
 更新がないコトも多いかと思います。
 もう少し整理してみますね。
恋愛体質

 アネゴなあたしは人から相談されることが多いです。
 ちなみにあたしは恋愛体質じゃありません。
 全くを持って。
 恋愛しなくても楽しいことはいっぱいあると悟ってしまっているので、なんかあんまり興味がない………まぁするときはいきなりすると言うことでよし。



 そんな話はおいておいて。
 昨日友達に相談されました。
「喧嘩別れした元彼と曖昧な関係が続いている」



 経験はある、十代の頃。
 でも、それ相談されて言える言葉ってひとつじゃないですか?


「どうしたいの?」



 それだけ。
 人から「辞めなよ」って言われて辞めるくらいなら、きっとそんなに好きじゃないんだし。
 かといって、続けることもどうかと思っているのも重々承知なんだろうし。



 あ、あとひとつ。



「言いたいことがあるならはっきり相手に伝える」



 あたしのことどう思ってるの?って思うなら直接聞くしかない。
 聞けないならそのままあやふやにするか、諦めるかどっちかだ。
 相手に言って欲しいとか、待ってるとかそういうのってなんかおかしい。
 自分が聞きたいんだったらやっぱりきっちり聞くべきだと思う。
 聞きにくいのはわかる。
 傷つきたくないのもわかる。
 でも、聞かなきゃ何も始まらないし。
 終わることだって出来ない。



 消化出来ないって酷く引きずるんだよ。
 あたしも引きずってることいっぱいあるからわかるけど。
 


 まぁ最終的にあたしのアドバイスは、
「自分のその時よいと思う行動を取ればいい」
 やっぱり他人に決められて動くのはどうかと思うし。
 きっと相談してくる人は後押しして欲しい人が多いし。
 自分がその時考えた行動を取るしかない。
 例えその時後悔しても、きちんと消化出来る。
 それだけは言える。




 まぁえらそうに言いましたが。
 ようは、聞きたいなら聞くしかないし、言いたいことは言うしかない。
 考えたとおりに行動して、失敗したり後悔したら次に生かす。
 それしかないでしょ。





『繰り返すことない失敗なんて忘れてさ』




 それしかないです。
 繰り返さないよう、今を精一杯生きるしかないと思いました。
 
頑張る

 久々の更新です。



 なんか最近、あたしの周囲の方々が悩んだり、落ち込んだりしているみたいなんで、そのことについて考えたいと思います。



 あたしも去年挫折をしてからというもの、『頑張る』という言葉には頭を悩まされてきました。
 ここに書くのはその中でえたあたしなりの答えです。
 あくまであたしなりのなので、コレを読んだ皆さんには、
 ぜひともコレをヒントに自分なりの答えを見つけて頂けたらと思います。
 だって価値観が人とまるっきり同じなんてアリエナイし。
 人の言葉を借りた価値観じゃ、自分の考えとは言えないから。
 自分の言葉で表現できる、自分だけのもの、見つけてください。



『頑張る』って口にするのは簡単だけど。
 本当に『頑張る』って言うのは難しくて。
 だからこそ悩みます。
 あたし本当に『頑張れて』いるのかなって。



 でも、そうやって悩めてるときは『頑張れてる』んじゃないかと思う。
 一生懸命やってもやっても、やっぱり悩んで、戻って、立ち止まっているのは。
 やっぱり本当に『頑張ってる証拠』だと思うんですよね。
 きっと『あたし頑張ってる』なんて自惚れてしまっている時ほど、意外にまだ余力が残ってたりするんじゃないでしょうかね。
 あたし、死ぬ気で頑張ってたなと後から思うときほど、すごくもがいて、足掻いて、食いしばって頑張っていた気がします。
 だから。



 悩んでいる今を決して投げ出したりしなければ。
 自分の精一杯の『頑張り』に辿り着けるんだと思います。
 軽々しい言葉じゃなく。
 今を生きているみんな。



「頑張って」



 仕事に頑張る人。
 勉強に頑張る人。
 趣味に頑張る人。
 愛することに頑張る人。



 何でもイイ。
 自分がコレというものに、悩んで、迷って、また戻って、それでも前へ進もうとしているその姿が。
『頑張っている』あなたの素敵な姿です。




 偉そうに言ってしまいましたが。
 今あたしなんかに頑張ってるのかなぁ………(笑)。
 軽く不安になってきた(笑)。
ただ好きなだけ

 別に相手が思ってくれなくてもいいんです。
 というか、そんなのは無理な話だし、重々承知している。
 そんなコトはどうだっていい。
 ただただ。



 君が幸せでいてくれたらそれでいい。
 君が愛する人を、心から「好き」だと思えて、自由に「好き」と叫べたらいい。
 頑張りすぎる君だからこそ。
 寄りかかって、時に弱音を吐けたらいい。
 早い時期に大人になってしまった君だからこそ。
 少年のように、時にワガママを言ったらいい。
 そんな場所を見つけて、君が羽を休める場所であったなら。
 それでいい。


 好きだからこそ。
 愛しているからこそ。
 そう思う。
 偽善だとか、傲慢だとか、嘘つきとかそんなコト言われたって。



 本当にそう思ってるんだもん、仕方ないじゃん。



 頑張りすぎて、周囲に否定されて。
 それでも無理に笑ってる彼を見るよりは。
 羽を休める場所があって、また飛び立って。
 本当に幸せだと笑ってくれている方が、ずっといい。



 現実、きっとそうはいかないから。
 だから君は無理に笑うんだろうけど。
 でも、無理にでも笑うなら。
 ずっとずっと騙されて。
「幸せなんだ」と思いこんであげる。
 あたしにはそれしかできない。


「好き」と言えない君のために。
 君のその苦しみ、痛みの上にあたしがいるんだとしたら。
「気付かない」でいる罪を。
 その戒めを。
 喜んで、被ってあげるよ。



 それが今のあたしに出来る。
 愛情の裏返し。
やるせない

 今。
 世界がもし100人の村だったらって言う番組を見た。
 なんかやるせなかった。



 そこでとり続けている現地スタッフ、何かしてあげられないのかと思ったけど。
 そんなのそこにいたスタッフが一番思ってるよね。
 してはいけないんだ。
 ひとりに特別扱いは出来ない。
 そこでその子助けたら。
 そこにいる全員を助けなきゃいけない。
 所詮偽善なんだ。
 全員が助けられないなら、ひとりを助けてはいけない。



 それでも、痛む心は抑えられないよ。
 どうしたらいいのかわからない。



 100%の人が幸せな世界が無理なことは知ってるけど。
 だって、やっぱりそれは偽善だから。
 でもせめて、自分に出来ること、しよう。
 でもできることって何?



 ちっぽけな自分に吐き気がするね。

back 1/2 next>>

<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>